消費者は関連サイトを眺めたりする

その業界に関連する知識がないと何やかやとなキーワードをひろう事は不可能デス。ですので、コンテンツSEOはSEO業者よりもインハウスSEO担当者の方が向いてます。

そこが、コンテンツSEOの至難部分だとおもっています。全然やり方はむずかしくなくSEOのことをほとんど知らなくてもできることなのですけど、実践をするとなると面倒なので多くの方が挫折をしてしまうんでしょう。

いずれにしてもSEOはアクセスアップのための一つの手法にすぎませんので、先を尚更見てサイト運営をして行きたいですネ。自分で勉強をするのが困難な場合には、その業界に精通をしてる専門のライターさんにお願いするのが何よりののかなと思います。

その点、既にその業界に関連する知識が豊富なインハウスSEO担当者だとすれば成功の可能性が摩天といえます。もちろんビッグワードで上位表示しつつコンテンツSEOでさらにアクセスアップを図るというのでもOKです。

コンテンツSEOを実践する上でこの上なく重要なことは、「知識量」だと思っています。そこでツールを使ったり、関連サイトを眺めたりするのですけど、そんな上っ面な手段で見つけられるキーワード数なんてたかが知れてますので、本気でコンテンツSEOに取組むんであれば、その業界のことを勉強しないとなりません。

お金をかけるのか時間をかけるのかという部分にも繋がる事ですが、筆者はこれからもコンテンツSEOで攻めていきたいと思っています。ミドルワードやビッグワードで上位表示をするのが楽なのか、コンテンツSEOでアクセスアップさせることが楽なのかは人それぞれだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>