リピーターの獲得に全力投球

大多数の人の目に触れる分、テレビや新聞を使った宣伝は、とっても壮大コストが必要です。リピーターを獲得するコトで個人と向き合えるようになって、重点が置かれるようになったwebマーケティング。

マスコミの利用がいままでの宣伝広告の方法は、群を抜くシェアを占めていました。それに、最新の情報をスグに反映する速報性も魅力です。

ですが、非常に安価での宣伝で、ウェブはかなり大半の人に見てもらえるという感じが好い点があります。新たにそのようななか、生まれたインターネットを利用した宣伝広告では、さまざまなコレまでのマスメディアではできなかった手法が利用出来るようになりました。

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌…最大限これらを使い、クライアントの獲得を狙うというのが主流でした。広告ひとつをとってもたとえば、ずいぶん合理的です。

webマーケティングが主流となってからもこの方法自体は、失われてはおらず、有効な手法のひとつとして依然として利用されてます。例えば、その方向性は凄い勢いで広がりを見せていて、消費者参加タイプのイベント、キャンペーンとか、公式サイトを使ったクライアントとの一対一のやりとり、もしくは電子商取引などがあります。

ただ、同じ戦略が長らく続いた事で、宣伝手法がある程度出尽くした感もあり、まったく新鮮味のない伝達をする方法と消費者にとってはなってしまっているのも事実です。そして、大きなwebマーケティングの強みとして、コスト削減という点がやっぱり厳ついといえます。

非常にその最善点は、多岐に亘ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>