そこまで出回っていない状態

たとえば小規模サイトのときは、実装として『キーワードを意識した文章(例えばブログ記事)を着々書いていく』のは純良方法です。「瞬間的なトラフィックはソーシャルメディア経由が沢山けど、記事を書きためていくことで検索からのボリュームが増えて効いていく」などとブロガーさんが言うのも、結果としてこのパターンです。

スタートアップもこの手法は有効です。リスティングワードの要領でキーワードを探す手法です。

窶ィ窶ィしかしそのコンテンツSEOを実際にするための具体的なノウハウは、あんまり出回ってない状態です。とりわけ大規模サイトを前提とした場合のコンテンツSEOとなると、筆者の知る限りだいたい皆無だと思います。

確かにこの手法により、大多数のパターンが洗い出せます。大前提としてまず、コンテンツSEOだからといって、ウン万ワード全てにたいし一つ一つやるわけでは全くありません。

webサイトのSEO対策において、コンテンツSEOは非常に大事な位置づけを占め、折り入ってでかい規模サイトにおいてはコンテンツSEOがSEOの成否を分けるポイントと言ってもいい過ぎではありません。窶ィ窶ィ窶ィとどのつまり、何れかのキーワードを方法で一定まで絞り込み、何かしらの方法でサイトなりページなりをチューニングしていきます。

窶ィしかしこの手段で難渋のがその実装方法です。窶ィ窶ィ大規模サイト、また中規模サイトでも、ワードを意識した記事コンテンツを増やしていくのは、当然まっとうな選択肢の1つです。

窶ィまた「ロングテールワード」といったワード自体も存在しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>